ポケットwifiが繋がらない原因は何?

なぜポケットWiFiが繋がらないの?

せっかく屋外でも高速インターネットができると思ってポケットwifiに入ったのに、それがちっとも繋がらない。
こんなことは悲劇としかいいようがないと思うかもしれませんが、実はよくあるトラブルの一つなんです。
私個人の経験からいっても、ポケットwifiで接続ができないことはこれまでに何度もありましたし、しかもそれが仕事中のトラブルだったので、そのせいで仕事の相手先に迷惑をかけるということもありました。
だからポケットwifiで繋がらないというのは、決して珍しいトラブル事例ではないのです。

 

ポケットwifiで接続できなくなる理由

 

一方、なぜ繋がらなくなるのか、その原因を知っておけば適切に対処することができます。
実はポケットwifiで接続できなくなる理由には、ユーザー側に原因がある場合と、ネット側に問題がある場合の両方があります。
ここではこの二つの原因についてそれぞれ見ていきたいと思います。

 

まずユーザー側に問題がある場合ですが、一つはユーザーの端末に何らかのトラブルや設定ミスがあるのかもしれません。
例えば、初期設定を所定の仕方で行っていないとか、PCなどのドライバ異常が発生していて、そのドライバ更新を行っていないことなどが原因の場合もあります。
あるいは無線及びセキュリティー設定において、WEPで接続設定した子機を使用しながら、間違ってWPS機能を動作させているということもあります。
こうした設定ミスを行うと正常に繋がらないことがあるので、一度確認してみましょう。

 

インターネット側に原因

 

一方、インターネット側に原因があって接続ができないこともあります。
例えば、使用地域がサービス提供エリアから外れているとか、地下鉄の中など通信環境の悪化により接続ができなくなることもあります。
もしくは、これは半分ユーザー側の問題もありますが、決められた月間データ通信量を超えてしまっていることも考えられます。
ポケットwifiでは、月間データ通信量に制限のあるところで契約すると、その制限を越えるデータ通信を行った場合は、通信速度が遅くなったりアプリケーションがダウンロードできなくなったりします。

 

最安値!おすすめのポケットWifi〜比較するなら一番安い月額費用?

 

このように、ポケットwifiが接続できなくなる原因には、ユーザー側の問題とネット(サービス提供インフラ)側の二つがありますので、それぞれの原因に応じてふさわしい対処策を講じなければなりません。
ちなみに、エリア外になるトラブルを避けるためには、契約前にエリアマップを確認しておくこと、またお試しキャンペーンを利用して通信環境を確かめておくことです。
使用地域がエリア内に入っていても、実際に使ってみると接続ができないこともあるので注意しておきましょう。